お知らせ - 薬物乱用防止教室

薬物乱用防止教室

カテゴリ : 
H24〜 » 保健室から
執筆 : 
ucu-sum 2016-12-13 10:23
 .0pt;font-family:"MS Pゴシック";mso-bidi-font-family:"MS Pゴシック"; mso-font-kerning:0pt">薬物乱用防止教室

1 日 時  平成281212() 5校時

2 場 所  内海中学校 多目的室

3 対 象  全学年生徒  教員

4 講 師  南予地方局 医療対策係 越智雄基 技師

5 主 題  「薬物乱用はダメ。ゼッタイ。」

 

   「薬物乱用とは、社会のルールからはずれた方法や目的で薬物を使うことです。

    薬物は1回だけの使用でも乱用!と言います。」と、いう言葉から始まり、次の

  ような内容の講話がありました。

   (1) 危険ドラッグとは?

   (2) 違法な薬物とは?(覚せい剤・ヘロイン・コカイン・大麻・LSD・MDMA・有機溶剤・キノコ類)

   (3) 薬物を乱用するとどうなるの?(脳や体への影響)

      ➡周囲を巻き込む薬物乱用

   (4) 誘われたらどうする?(断るコツ)➡自分を大切にする気持ちを大事にする。

                                      ↓

                           自分を勇気づけるポイント

 

    薬物使用によって引き起こす事件がニュースで流れることが少なくありません。

    また、最近では芸能人の薬物乱用が大きなニュースになっています。好奇心か

   ら、友達に「みんなやってるよ」と言われて、頭がスッキリする、などと甘い言葉に

誘われて使ってしまう。10代でたばこを吸ったり、お酒を飲んだりしている人ほど

薬物へのハードルが低くなります。

 危険な薬物は、自分も家族も友人も傷つけ、自分の夢も人生も失いかねません。
薬物には近づかない!はっきりNO!と言うことが大事です。

        
  薬物の問題は時間が経つほど深刻な状況になります。
相談することで、自分も相手も救うことにつながります。

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://uchiumi-j.esnet.ed.jp/modules/d3blog0/tb.php/595